お得

大学受験と学資保険の関連性

とにかく教育費用がかかる現代です。
小中高と公立で大学も国公立に行った場合でも、入学金、授業料、それに一人暮らしが必要ならその費用も掛かります。
今は幼稚園から私立お受験を・・・というご家庭も多いので、そうなると大学までの費用はかなり大きなものとなります。

国公立大学の場合と私立大学の場合では、学費に大きな差があります。
また私立大学でも理系になれば文系よりも費用がかかります。
大学入学の前には受験があり、そのための塾に費用もあります。
こうして考えてみると、大学に行くまででもかなり費用がかかるという事がわかります。

大学受験の出願費用、受験料、入学金、入学の諸費用、授業料、教材、親元を離れるのであれば、家財道具、引っ越し費用、入居の為の費用、新生活に必要なこまごましたものを含めると・・・考えたくないと思うほどの出費です。
入学時で通常、150万円くらいはかかると計算しておく方が無難です。

学資保険はこのような大きな費用を必要とするときにこそ活かしたい保険です。
気を付けたいのが受取の時期です。
これまでは満期が満18歳、という商品が多かったのですが、最近は満17歳で受け取ることができるようになっています。
というのも、合格発表から一般的に2週間程度で入学金納付が必要となりますが、お誕生日が入学金納付よりも後の場合、ひつようなときに受取ができないからです。
こうした時期もよく考慮して学資保険を考えていくべきです。


このページの先頭へ