お得

ほかの子供を怪我させたときの保障

子供は親が思ってもみないようなことをしでかすことが往々にしてあります。
例えば、お友達と遊んでいてちょっとしたはずみで怪我を負わせてしまう、などという事もあります。
子供はわざと怪我させようと思っていなくても、偶然に大きなけがを負わせてしまう事もあります。
その際、勿論親として怪我をされたお子さん、そして保護者の方に謝罪することが当たり前ですし、お見舞いなども必要となります。

もし、こうした子供が他人を怪我させたという場合に、学資保険で保証することができるのでしょうか。
学資保険というのは本来、お子さんの教育資金を貯蓄していくためのものです。
ただ、万が一の場合に備えて特約やその保険本体に学資保険部分とは別に保証を考えたものもあるのです。
例えば、学資保険に個人賠償保険を附帯させる、という事もできます。

個人賠償保険は第三者に怪我をさせたとか、何かものを壊してしまったという場合に適用される保険です。
ただこの場合、本契約の方からの保証、という事になりますので、祝い金や満了時の保険金が削られてしまうという事になるので、別の部分で補う事も選択できます。
例えば、保護者がかけている自動車保険に個人賠償保険を附帯するという事も可能ですし、保護者の医療保険に個人賠償保険と附帯させるという事も可能です。

貯蓄という部分を崩したくない場合、他の保険に附帯させて補う、ということも考えておくべきですし、保育園、学校等で怪我をさせてしまったという場合、園児保険や学童の保険等に加入しているはずですから、その保険から保証するという事も可能でしょう。
学資保険に個人賠償保険の附帯を考える前に、他の保険にこの保証対象となる附帯部分がないか、確認することも必要です。

このページの先頭へ