お得

学資保険の保険契約者は夫が多い

学資保険は契約者、被保険者がいて契約が可能となります。
学資保険の場合、被保険者がお子さんになりますので通常、ご両親のいずれかが契約者となるわけですが、一般的に夫が契約者になる事が多いです。
保険料の支払いは契約者が行うため、家族の中で家計を支えている方が契約者となることが通常ですが、夫ではなくてはいけない、という事はありません。

もし妻が夫よりも経済力があり経済的な大黒柱となっているのが妻、という場合は、契約者を妻にするという選択もあります。
学資保険にプラスし育英年金に加入していた場合を考えてみましょう。
契約者に万が一のことがあった場合、保険料の支払いは免除、祝い金、満期保険金は契約通り支払いが行われます。
また育英年金に加入していればお子さんの養育費を毎年受け取れることになります。

例えば夫が家計の経済の大黒柱となっていて、妻がパートなどでそれを支えているという家族の場合を考えてみましょう。
大黒柱である夫が死亡してしまった、でも夫は契約者ではないから、保険料払込の免除は適用されませんし、育英年金に加入していても、契約者の死亡ではありませんので、支払いはありません。
となると、妻のパートなどから保険料を支払っていくという事になるのです。
夫が、妻が、という事ではなく、万が一の場合に家族が一番困らないことを考慮し、学資保険に加入しておく必要があるという事です。


このページの先頭へ