お得

学資保険の加入時期に関して

子供が小さいうちから教育資金についてしっかり考えておくべきです。
お子さんが大学進学すれば、1人1000万円はかかるといわれる教育資金です。
できれば早めに考えておくことが必要です。

私立高校に進学しなければ、高校までなんとかやりくりできるといわれていますが、高校で部活動などに入るとかなり出費がありますし、やはりお子さんの年齢が低いうちにある程度の貯蓄をしておく必要があります。
そのため、学資保険に加入する年齢はゼロ歳から、と考えておくことが必要でしょう。

加入年齢が若い場合、その分保険料支払い期間が長く取れます。
1回あたりの保険料負担が楽になります。
加入年齢が高くなれば、教育資金として大きく利用したい年代までの期間が短くなりますので、どうしても保険料が高くなってしまいます。

また、契約者の年齢が若ければ若いほど、リスクが低くなるため保険料も安くなります。
ベストなのは契約者の年齢が若く、お子さんがゼロ歳から加入する、ということでしょう。
今はお子さんが生まれる140日前から加入できるという学資保険がありますので、計画されてみてはいかがでしょうか。

自分の年齢とお子さんの年齢で学資保険を契約した場合、保険料がいくらかかるのかシミュレーションできるページが、各保険会社ホームページに作られています。
ぜひ、利用し計画的に契約を考えていきましょう。


このページの先頭へ