お得

加入前に知る比較方法

生命保険や医療保険について、大きな病気をしてもいないのに、また未来にかかるかどうかも分からないのに、お金をためておくなんてそんな無駄なことしないほうがいいという方がいます。
学資保険についても、今は余裕がないから子供が少し成長してから考えよう、という方もいます。
でもこれでは保険の意味がありません。

生命保険も医療保険も、万が一に備える保険です。
でも実は学資保険も万が一に備える保険なんです。
保険商品によっては、特約の附帯が必要となる場合もありますが、保護者など契約者に万が一のことがあった場合、それ以降保険料を払い込まなくても、契約通り祝い金、満了保険金を受け取る事が出来るというシステムがあります。
つまり、これも、万が一に備えて、という事になります。

経済的に余裕がないから、といいますが、経済的に余裕がないなりに加入できる学資保険があるはずです。
学資保険も様々で、少ない掛け金から利用できるものがあります。
お子さんがもうすこし大きくなってから・・・といっていると、そこからさらに費用が掛かる様になり、経済的に苦しくなるかもしれません。
少ない費用でも入れる保険を検討するという事も必要です。

保険というのは自分の身を守る、家族を守る、お子さんを守る商品です。
支払期間も長く継続して満期を迎えることが大切ですから、しっかり子供のために学資保険を比較検討することが大切です。


このページの先頭へ