お得

学資保険と個人積立の比較

お子さんが生まれたら、ご両親は貯蓄という事を考えるでしょう。
お子さんが自分の力を持ち、経済的にも安定して生活できるようになるまで、親としては不自由なく暮らせる生活をさせていあげたいと考えます。
お子さんにかかる費用の中で今日本では教育資金が最もかかります。
大学まで行かせることを考えると1000万円くらいはかかるといわれていますので、貯蓄は必須事項となります。
そこで、学資保険と個人積み立てを比較してみましょう。

祖父母はお孫さんが生まれると、学資保険に入る様に進めてくるでしょう。
祖父母が今のご両親世代の頃の学資お兼は予定利率が非常に高く、最も効率よく教育資金を貯蓄できる手段だったからです。
定期預金や個人積立などを行うよりも率が良かったんです。
でも今は通常、1%から多くても2%という時代なので、それほど学資保険にこだわらなくてもいいのでは?と考える方もいます。

ただ、定期預金や個人積立の場合、何かお金が必要となった時に下ろすことが簡単にできます。
でも学資保険の場合、簡単にお金を下ろすというわけにはいきません。
また銀行の利率もそう高くありませんから、解約以外に利用することができない学資保険に加入しておく方が、お金を貯蓄しやすいと考えられます。

お子さんの為の貯蓄です。
満期、また祝い金の支払いの時期まで利用できない学資保険の方が、より計画的に貯蓄できる手段といえます。


このページの先頭へ