お得

学資保険は妊娠中でも検討可

新しい命を自分の中に授かるというのは、女性の大きな喜びです。
今お腹の中にいる胎児が誕生し、将来どんなふうに成長していくのだろうと、保護者になる喜びをかみしめていらっしゃるでしょう。
妊娠してからこうしたお子さんの将来を考えていくと、やはり気になるのが教育資金です。
貯められるうちにしっかり貯蓄していきたい、そう考える時、妊娠中からはいることができる学資保険があるのか?気になる方もいらっしゃるでしょう。

妊娠中から加入可能な学資保険は保険会社によってですが、あります。
ただ、妊娠してすぐに加入できるという事はなく、通常、140日前から、という規定がある場合が多いです。
140日前というと妊娠6か月あたりです。
つわりも終わり、安定期に入り妊婦さんがアクティブに動ける時期です。
妊娠から出産の喜びを感じる時期でもあります。
この安定している時期に学資保険の比較を行い加入しておけば、出産後、バタバタと忙しくなる時間を塗って契約を考えるということもしなくていいわけです。

また早くから加入することで月の保険料の負担が少なくなります。
これも、経済的負担をなくすため、メリットといえます。
お子さんの出産前に契約者のお父さんが事故などで万が一・・・という事もあります。
この場合でも契約しているのですから安心です。


このページの先頭へ