お得

学資保険は3歳までに加入が重要

長い妊娠期間を終え、やっとわが子に会えた喜びもつかの間、赤ちゃんのお世話は24時間なのでママたちは赤ちゃんに振り回される生活が待っています。
喜びの中の忙しさですから、家族も支えながら頑張っていくわけですが、出産後すぐ学資保険に加入をという声も聞きます。
なぜ、こんなに忙しい時期に学資保険なんて言い出すの?という方もいますが、早い時期に加入を考えるべき商品だからです。

学資保険は積み立てていくタイプの保険、つまり貯蓄の保険です。
早い時期から加入すれば、月々の支払保険料も低く抑えることができます。
小学校になってから加入する場合と、赤ちゃん世代で加入するのでは、支払保険料が数千円違うという事になってしまいます。

お子さんの教育費用は成長していけばいくほどかかってきます。
幼稚園前から習い事をするお子さんもいますが、お受験などを考慮しなければ、一般的に小学校に上がってから習い事・・・という家庭が多いでしょう。

小学校入学時にも費用がかかりますし、できれば、赤ちゃんが生まれてすぐ加入し、月々の負担が少ない状態で学資保険を継続していきたいものです。
学資保険は通常、10歳までに加入しなければそれ以降利用できないという商品が多いのですが、保険商品によっては3歳までに加入しなければ利用できないという保険もあります。
選択肢という事を考えても加入は3歳までに考えるようにしましょう。


このページの先頭へ