お得

生命保険と学資保険の違い

学資保険と生命保険、いずれも各保険会社が商品として出しています。
学資保険も契約者の万が一に備えるための保険といえるため、生命保険と同じような感覚でとられている方も多いでしょう。
でも、学資保険と生命保険は根本的に、保険が持つ目的に違いがあります。

生命保険は被保険者が万が一死亡した場合に、ご家族に経済的負担がないように備える保険です。
例えば一家の大黒柱であるお父さんが何らかのことが原因でお亡くなりになった場合に、死亡保険金が支払われ、残されたご家族の経済的な負担をなくします。

学資保険はお子さんにかかる将来的な教育資金を契約者となる保護者などが積み立てていく、というのが本来の保険目的です。
親が子供にかける保険ですから被保険者がお子さんとなり、そのため生命保険と比較すると保険料が低めに設定されているという特徴もあります。
お子さんに将来必要な教育資金を保持するという目的がありますので、万が一契約者となる保護者の皆さんがお亡くなりになった場合、お子さんの教育資金を得られるように、保険料払込が免除されますし、契約通りに祝い金や満期保険金が受け取れます。

学資保険は少なくとも払い込んだ保険料以上の金額を受け取ることができます。
生命保険は死亡しなければ入らない保険金です。
こうして考えてみると、学資保険と生命保険には大きな目的の違いがある、という事がわかります。


このページの先頭へ