お得

祖父母が学資保険の契約者になる

通常、学資保険の契約者は両親のいずれか、被保険者がお子さんという場合が多いです。
でも、お孫さんの誕生を喜んで祖父母から学資保険を支払いたい、契約したいと申し出を受けることもあります。
この場合、祖父母でも学資保険の契約者になれるのでしょうか。

学資保険を契約する際、最も適しているのは保護者の方、一般的に両親のいずれかであることが望ましいといわれます。
ただ、両親以外が契約できないという事はありません。
保険会社によっても規定に違いがあるのですが、契約者との関係が、3親等以内であれば契約できるという保険会社が多くなっています。

お孫さんの誕生のお祝いとして、学資保険の契約を祖父母が行い、保険料の支払いもしてくれるということもそれほど少ない話ではないのです。
また、経済的にご両親が学資保険をかけられるほどの余裕がない、という場合など、祖父母が契約者となってかけてくれるという事もあるでしょう。

また祖父母が学資保険の契約を行う場合、贈与税を考慮して行うという事もあります。
保険料支払いが年間110万円以内であれば、贈与税はかかってこないので、お孫さんに対して、またその両親に財産贈与として学資保険を考えるという場合もあります。
注意点としては祖父母が学資保険の契約者となる場合、お子さんの年齢が高いと加入できないということがありますので、必ず確認してください。


このページの先頭へ