お得

学資保険は将来の教育資金に効果的

お子さんが生まれてすぐ、もしくは妊娠中から契約が可能な学資保険は、お子さんの将来の教育資金の為の保険です。
確かに生まれてすぐ、また妊娠中にその子にかかる教育資金?そんなのまだあとでいいだろう?という方もいるでしょう。
でも、早いうちからしっかり貯蓄しておくことでお子さんの教育に費用が掛かる際、お金を心配をしなくてもいいのですから、しっかり考えておくべきです。

お子さんが成長し大きな費用が掛かるときに利用したいのですから、満期保険金をいつ受け取るか?ということも考えなくてはなりません。
小中高、大学入学時に分けて受け取ることもできますし、一番費用が掛かる大学進学時に受け取るという選択もできます。
お子さんが早生まれだった場合、入学金支払が保険金受取よりも先に来てしまう事もあるので、受け取る時期を考えることは重要です。

また、学資保険に育英年金や医療保険を附帯することもできますが、この場合、払込保険料総額よりも満期保険金が少なくなる、という元本割れを起こす可能性もあります。
せっかく貯蓄という事を考慮してかける学資保険ですから、何を中心に考えて契約するのか、ということも考える必要があります。
お子さんの貯蓄重視なのか、それとも総合的な保険という意味で考えるのか、比較検討が必要です。


このページの先頭へ