お得

学資保険は出産前に検討後、産後に加入

学資保険の特性を考えてみましょう。
貯蓄という事メインの保険です。
早いうちから加入すると満期までの期間が長くなりますので、月々の払込保険料額が低くなり、家計に負担がありません。
医療保険を附帯できるものもありますし、育英年金を付けることもできます。
この保険はほとんどの保険会社で10歳までの加入しかできなくなっており、保険会社によっては3歳までの加入が必要となります。

考えることがいくつもあるのです。
まず、どのくらいの保険料を毎月支払えるか、という事を考える必要があります。
次に、医療保険を附帯していくべきか、育英年金付の保険にするかなど、学資保険の貯蓄という以外の部分について考える必要があります。
そのほかにも、祝い金を受け取るか、それとも満期保険金として大きく受け取るか、こうした受け取り方も考えることが必要ですし、どの保険会社の学資保険を利用するか?という比較検討も必要です。

妊娠中、安定期に入ると結構時間があります。
働くお母さんでも、7カ月から9ケ月くらいには産休に入る事が多いので、その時期、赤ちゃんが生まれてくる準備をおこないます。
学資保険は考えなければいけないことがたくさんありますので、この時期にしっかり比較検討を行っておくと、出産後すぐにでも加入できます。
学資保険も赤ちゃんが生まれてくる前の準備、という事になりますね。


このページの先頭へ